裏DVD レイプ物について

レイプ物について
犯罪行為である実際のレイプを撮影したものはあまりなく、それらしく演技、構成したものが多い。実際のレイプ物が存在するかは、その地域の宗教色やポルノに対する寛容度によって差があるだろう。

ポルノに対して比較的寛容で、ポルノの話題を口にしやすい地域では、口コミで情報が広がりやすく、警察が情報を掴みやすく摘発に遭いやすい。
また、性に対してオープンな場合、逆に屈曲した陰湿な内容を好まない傾向がある。

対して、ポルノの話題を口にするのがはばかられる風潮がある地域では、ポルノに関する情報はなかなか広まらない。その結果、非常に犯罪性の高いものが出てきても、愛好者だけの間で秘密裏に鑑賞が行われるケースが多く、表面化しないことがある。
posted by きむ at 10:20 | 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。